2ヶ月の赤ちゃんの便秘対策とは? | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



2ヶ月の赤ちゃんの便秘対策とは?

2ヶ月の赤ちゃんの便秘対策とは?

プリント
2ヶ月目に入ると赤ちゃんも少しづつ、起きている
時間も増えだしてきます。





便秘はこの時期にも起きますが、原因はやはり
母乳やミルク不足が考えられます。




体重の増加を管理しながら、母乳やミルクの量を
上手に調節しましょう。




それでも便秘をする赤ちゃんは、体質的に栄養分を
吸収しやすい場合もあります。体質の違いが
少しづつ現れるのもこの2ヶ月目ぐらいからです。




排便の回数も生まれた頃に比べると回数も減り始め、
腸内で便をためる機能が働きはじめます。





体重の増加に問題が泣ければ順調に成長していますので、
多少の排便の回数が変化することは成長とともに起きることです。





そしてこの2ヶ月目には生理的な理由により便秘を起すこともあります。


045439

これは母乳やミルクを飲んだときに、満腹感を
感じることを覚えていくためです。





それにより体が生理的に便秘を起こすことがあります。




そんな場合には5%の砂糖水を少し飲ませて
あげると便秘の解消が出来ます。





砂糖水は少し体温より低めの温度のほうが腸への刺激なり、
腸の活動を活発にしますので、試してください。




便秘の解消としてはマッサージも効果的です。




お腹を右周りにマっサージをしてあげます、おへその周りを
円を描くように腸を刺激します。




あまり強くやらないことがコツですが、嫌がるようでしたら
病院で見てもらうことも必要です。


プリント


自分で判断せずに専門のお医者さんに見てもらいましょう。





しかし元気にミルクも飲んで、睡眠もきちんとれて、
機嫌も悪くないようでしたら便秘も様子を見てることが必要です。




2ヶ月に限らず、赤ちゃんの観察で重要なのは機嫌の良し悪しです。
自分で話すことができない赤ちゃんは、ご機嫌で体調をママに伝えます。



話は便秘に戻ります!




体重が順調に増えているのであれば、ミルクの量は
足りていますので心配はありません。




排便の回数に個人差が出てくる頃ですから、
毎日排便をしない赤ちゃんも中にはいます。





それでも元気ならば体質の為に排便回数が
少ない赤ちゃんなのかもしれません。





毎日の様子を観察することと、体重管理をきちんと
していることが病気の早期発見にもつながりますよ。
030540