ブリストルスケールで便の状態を知ろう! | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



ブリストルスケールで便の状態を知ろう!

ブリストルスケールで便の状態を知ろう!

044341
自分の便の状態で健康の状態が分かります。



それはブリストルスケールという、便の状態を調べる基準があります。


WS000530

 

日本でも最近取り入れられているこのスケールですが、
元はイギリスのブルストル大学で開発されたもので、
便の形や色によって健康の状態を知る為に作られました。




便は約8割が水分でできているといわれています。



その便には形や色により体の健康状態が
わかるようになっています。



このブルストルスケールで、自分の便も
チェックすることが出来ますのでぜひ確認してみましょう。
044003



この基準を使うことにより、病院での診察も
はかどるようになり、健康状態も
詳しくわかるようになります。




日本の医療機関でも最近では注目され始め、
多くの期間で使用しています。



この基準には7つの便の状態に分けられています。


コロコロの便、硬い便、やや硬い便、普通、
やや柔らかい便、泥状便、水便です。



やや硬い便と普通便、やや柔らかい便は、
健康な便とされていますが、他の便には
何かしら腸の働きの異常が考えられます。



そしてその基準から分かることは硬い便になるほど
腸内でも移動に時間がかかっているということです。




コロコロの硬い便では約100時間、そして水便のような
下痢をしている状態で10時間です。


023712


このように具合が悪いときや、病気をしているときにも
便の状態はとても参考になりますし、健康をチェックする
ツールとして毎日使うととても便利です。


便には形やそして色、匂いも関係してきます。



いちばん理想な便バナナのような形をして排便も
楽に出来る硬さの便で、匂いも少ないものです。



このような便は健康な便として、腸の活動も正常に
行われている証拠です。毎日の排便ですから、
必ずチェックして自分の体調管理に役立ててください。





腸内環境は目で見ることが出来ませんので、
便でその状態をしることになります。



大切な事ですから、ブルストルスケールは、
解り易く書かれてありますので、
高齢者にも読みやすいです。
033388