便秘薬の選び方について | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



便秘薬の選び方について

便秘薬の選び方について



食生活や生活習慣を改善しても、なかなか治らない便秘の場合、
最終的には市販の便秘薬を使うことも方法のひとつです。

しかし、便秘には色々な種類があり原因も異なりますので、
自分の体にあう便秘薬を見つけることが重要になります。

便秘薬には、いくつかの種類があります。

大きくわけて4つありますが、まず塩類下剤と呼ばれるものは、
腸内に水分を呼び込む事で便の動きをスムーズにする効果があります。

そして膨潤性下剤は、
薬自体に水分を溜め込む働きがありますので、
大腸に刺激を与えて便秘を改善する仕組みになっています。

そして潤滑性下剤は、便を柔軟化して排便を促す効果があります。

刺激性下剤は、腸管に直接刺激を与えて排便を促す働きがあります。

このように、色々なタイプがある便秘薬ですが、

同じ下剤を何度も繰り返し使ってしまうと、
体が慣れてしまう為に、
効果が無くなってしまうこともあります。

そして精神的に依存してしまう場合もありますので、
一時的な治療方法として使うことが必要ですね。

便秘薬には体に負担となる成分が配合されているものがありますし、
漢方のように天然成分で作った薬もあります。

どんなものが良いか、自分に効果のあるものを選ぶことが必要です。

整腸剤をには乳酸菌などを使ったものがありますが、
腸内環境を整える効果がありますので、
時間をかけて便秘を解消したい場合にはオススメです。

整腸剤は便秘薬に比べて、
体に安心な点もメリットになっていますね。

スポンサードリンク