便秘と漢方薬の関係 | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



便秘と漢方薬の関係

便秘と漢方薬の関係


なかなか治らない頑固な便秘には漢方薬がとても効果があります。

通常の便秘薬と異なり天然成分で作られていますので、
体に安心して飲むことが出来ます。

東洋医学には、漢方薬が一般的に使われています。

しかし西洋医学で使う薬とは異なる点もありますので、
その特徴をよく理解して使うことが必要になります。

便秘になると、食欲が減退して、
体力が無くなってしまう場合があります。

高齢者や小さな子供などは体調にも影響が出やすい為に、
便秘は早く改善する事が必要になります。

漢方薬の中で、大建中湯という薬は、
お腹が張るような症状にもとても効果があります。

便秘の時によ使う漢方薬の一つです。

そして小建中湯は、胃腸が敏感な方にオススメですが、
普通の便秘薬では強すぎる人に効果的です。

このように色々な目的によって使うことができる漢方薬ですが、
飲んですぐに効果のあるものではありません。

本当の効果を得る為には2週間ぐらいは飲まないと効果がありません。

症状を改善する事と同時に体質改善の目的もありますので、
時間をかけることが必要になります。

漢方薬は病院で処方してもらう事が必要ですが、
漢方薬を販売している薬局などもあります。

相談してみると良いでしょう。

便秘はなるべく自然な方法で改善したいのですが、
慢性的なものなどは時間をかけて改善しないといけません。

薬だけに頼るのではなく生活習慣や食生活にも注意が必要です。

病気の原因にもなる為に早めに改善をしましょう。