便秘と生活環境 | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



便秘と生活環境

便秘と生活環境


赤ちゃんのオムツかぶれはよくありますが、
肌が敏感な赤ちゃんは炎症を起こしてしまったり、
なかなか治らない場合もあります。

ひどい場合には医療機関で見てもらうほうが安心です。

ベビーパウダーやベビーローションなどを使い
スキンケアをするとよいでしょう。

そしてこのオムツかぶれですが、
症状が悪化してしまうと、実は便秘の原因になる場合もあります。

かぶれがおしりに広がってしまうと、
その痛みで便秘を我慢してしまうこともあります。

もしくはオムツかぶれがひどくなると
肛門が切れてしまう場合もありますので、
このような症状があるときも同様に便意を我慢してしまい、
便秘になってしまいます。

このような場合には、肛門を綺麗に拭いて消毒しましょう。

心配な場合には医療機関で治療してもらいましょう。

赤ちゃんは肌がとても敏感です。

大人が使うような市販の塗り薬も刺激が強すぎる場合があります。

ワセリンなどの薬は安心して使うことが出来ますので、
肌の異常がある時にはぜひ使って見ましょう。

そして赤ちゃんの離乳食やトレーニングが始まった時にも、
ストレスを感じて便秘になることがあります。

生活の環境が変わることも赤ちゃんにはストレスになりますので、
リラックスできるような環境を作ることが大切ですね。

それぞれの子供は発育も異なります。

個人差もありますので、体調の変化にも色々な違いがあります。

しかしいつもとは異なるような症状がある時には
早めに医療期間で見てもらうことが大切です。