便秘対策にアロエがいい3つの理由とは? | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



便秘対策にアロエがいい3つの理由とは?

便秘対策にアロエがいい3つの理由とは?

0a3cdd6180dc95e2b4a9c280320e8254_s

アロエは、最近ヨーグルトなどに入っていますが
昔は、火傷や切傷に効く薬として使われていました。

このアロエが、便秘にもいいんですね。

 

 

 

便秘対策にアロエがいい理由とは?


アロエが便秘にいいの?と思われる方も多いかもしれません。




アロエには、アセマンナンという成分が含まれています。

このアセマンナンが胃溶けずにから腸まで届くので
腸内の水分を増加させます。



その結果、腸のぜん動運動が活発になって
便を出しやすくしてくれるんです。


また、アロエには、腸内の善玉菌の動きを
活性化する作用もあるんです。



アロエだけを食べようとしても、なかなか美味しく
いただくことは難しいので、アロエヨーグルトなどを
摂取しよといいでしょう。


アロエヨーグルトには、嬉しいおまけもついてきます。

ヨーグルトに含まれている善玉菌は、胃酸によって死滅する
可能性が高いので、なかなか腸までたどり着くことが
できないのですが、アロエと一緒に摂取することによって、
胃酸の影響を受けて死滅しにくくなるんです。







さて、アロエやアロエヨーグルトは、
たくさんたべていいのでしょうか?



答えはNoです。



アロエは、昔は薬として使われるぐらい強い成分が
含まれています。


ですので、アロエの摂りかたに注意が必要です。

7da29cc1f3bd2e7f80acce3a66e8745c_s

アロエは多量に摂取してはいけません。

理由は、アロエの皮に含まれているアロインという成分が、
お腹をゆるくすることと腹痛や胎盤出血を引き起こす可能性が
あるためです。


少量なら問題ないようですが、妊娠中や授乳中は
アロエの摂取を控えたほうがいいかもしれませんね。


アロインという成分は、私たちが思っている以上に作用が
強い成分となっているので、摂取量を加減しないと
下痢や腹痛を引き起こします。


授乳中や妊娠中の方だけではなく、健康な成人であっても、
アロエを大量に食べることで下痢になってしまうことが
あるので注意が必要です。





アロエを食べて便秘が良くなったと実感できるまでに
どのくらいの時間がかかるのでしょうか?






アロエで便秘が良くなったと感じる時間には、
個人差がありますが、成分の特性上から
早い人では数時間~1日で効果を感じるでしょう。

 

cab4b46e7d4e132027c432e24431e017_s


(まとめ)便秘対策にアロエがいい3つの理由とは?



1腸内の善玉菌を活性化して便秘を改善してくれる。

 

2ヨーグルトと一緒に食べるとヨーグルトの乳酸菌を腸に届けやする。

 

3個人差はあるが、効果を感じられるまでの時間が短い。