便秘対策にリンゴがいい3つの理由とは? | 便秘解消100の知恵袋!便が出ないをスッキリに変える



便秘について基礎知識



便秘対策にリンゴがいい3つの理由とは?

便秘対策にリンゴがいい3つの理由とは?

e964c5a13ae8f444a06563838efd745a_s

 

 

『1日1個のリンゴは医者いらず』という言葉がありますが、
ご存知でしょうか?

 


昔からある言葉ですが、1日1個リンゴを食べていれば
病気にならないから医者もいらないですよという意味です。

 



リンゴは、それほど栄養価の高い優れた食品です。

 



さて、リンゴの便秘解消効果とはどんなものなのでしょうか?




リンゴの食物繊維は水溶性食物繊維なので
便秘の解消には最適です。

 





また、りんごには、食物繊維の中のペクチン
という成分が含まれているんです。



このペクチンには、腸を整える作用があるんです。


 

そして、ペクチンが便秘で硬くなった便に水分を
与えてくれるので、排便がしやすくなるんです。




ペクチンは、りんごの実ではなく皮に多く含まれているため、
皮と一緒に食べるとより多く摂取できるんです。




リンゴを食べるときは、皮ごといただくように
したほうがいいですね。



皮の苦味が気になる方は、擦りおろしりんごにして
いただくか皮ごとジューサーにかけてジュースにする
と美味しくいただくことができるようです。


a9abd9dd934b84d770e01c9cbbcc4b9a_s


また、ペクチンには、腸内環境を整える効果も期待できるので、
便秘解消だけではなく下痢にも効果があるんですね。




ペクチンには、たくさんの健康作用があります。

  • 整腸作用
  • 食品添加物の排出作用
  • コレステロールの排出作用
  • 大腸がんの予防効果
  • 動脈硬化の予防効果


など便秘解消のほかにも生活習慣病の予防などにも
効果があるんです。



 


ペクチンは、腸内で善玉菌のえさになって善玉菌を増やします。

 


つまり、りんごを食べることで腸内の善玉菌を増やして
悪玉菌を減らすことができるのです。

 




便秘で弱まった腸には善玉菌が少ないので元気がありません。

 

010287


リンゴに含まれるペクチンは腸を元気にする作用があるんです。

 

 

 

 

 

まとめ)便秘対策にリンゴがいい3つの理由とは?




①便秘で硬くなった便を軟らかくする。


②腸内環境を整えて便を出しやすくする。


③弱った腸を元気にしてくれる。